八幡和郎

March 31, 2021

日本史が面白くなる47都道府県県庁所在地の謎 八幡和郎


これも図書館で借りた本です。
明治以降の版籍奉還、廃藩置県以降の県の変遷や県庁所在地の成り立ちなどが書かれており地理好きとしてはサクサクと読んでしまう本ですね。
何度かの見直しをかけて今の状況になっているのですけれど、それなりにバランスは良い気がします。
ただ、人口の変遷などから不具合も目立ってきていますよね。それに対してカイゼンするメリットよりもその他不具合のほうが現状多いんだろうな。
個人的には道州制で郡単位くらいでやるのが丁度いいのではないかと感じてしまうのですが。

mambo_no5 at 11:17|PermalinkComments(0)

August 10, 2016

日本人の知らない日米関係の正体 本当は七勝三敗の日米交渉史 八幡和郎



これも図書館にて借りた本です。

最近、日米安保の見直し云々がありましたが、この本ではペリー来航からごくごく最近までの各段階における日米関係について解説され、両国間の状況や得失などを含めて記載されている点が特徴でしょうか。

全体を俯瞰して大きく考えると、著者の言われている7勝3敗くらいなのかもしれません。
ただ、各個人の寿命は100年もないですから、どの時代を生きたか?によって印象は変わってしまうかもしれませんね。
この先どうなるんだろうなぁなんてことを漠然と考えてしまうのでありました。

mambo_no5 at 06:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)