高橋リエ

October 30, 2019

気づけない毒親    高橋リエ


これも図書館で借りた本です。

毒親に関する内容で
昔は、社会としてフリーダムに育てられたため、子供から大人にうまく移行できたけれど、最近は親に抑え込まれて育つ(すなわち毒親)結果、子供がある程度歪んだ状態になってしまうようなことが描かれています。

実際のところどうなんでしょうねぇ。
確かに、昔は色んな意味でフリーダムだったので、適当なことをしてもスルーされたような気もするもんなぁ。(それが良いかどうかは別として)
そのせいでいろいろと抑え込まれてしまったのか?という部分は個人的には実感が無いなぁ。長期間子供と関わっていると実感するのかなぁ。

mambo_no5 at 06:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック